コトキロクーShukadiary

今思うコト、日々のキロク

スクールカウンセラーと話して思ったことと、学習に対する「ごほうび」のこと。

先日、学校へ行きスクールカウンセラーの方とお話してきました。 スクールカウンセラーというのがどういうものなのか、教育相談とは違うのか、いまいちわかっていなかったし、何の役にも立たない、形だけのところもあるという噂は聞いていたので、あまり期待…

息子の中で少しずつ変わってきた気持ち。「行ってみようかな」という言葉に驚いた私

息子が不登校になってから3か月が経とうとしています。 私がインフルエンザにかかって数日寝込んだり、夜の雪まつりに初めて行ったり。 家にいることも多いですが、心穏やかに過ごせていることは息子にとって安心できる家という場所があって、家族という信頼…

「できないこと」があってもいい。手を差し伸べることも大事だけど、見守ることもまた大事だと思う。

今は色んなところから育児に関する知識を得ることができます。あふれる情報に一喜一憂する親御さんも、きっと多いのではないでしょうか。 どの情報を参考にしたらいいのかわからなくなることもあると思います。私も、出産してからしばらくは育児書やママ雑誌…

先生や学校は「子供のペース」をもう少し考えてほしい。大人に合わせる教育ではなく、子供に合わせる教育を。

冬休みが明けて2週間がたちました。息子は変わらず穏やかに過ごしていますが、少し変化したところがあります。 学校の話題を自分から話すことが増えました。本人なりに気にはなっているんだと思います。 担任が届けてくれたプリントなども、しばらくは目にも…

担任との面談で感じた、考え方のズレと回復できない信頼関係。

今の担任は、今年度初めて支援学級を受け持った先生です。だから配慮がわからないのは仕方ないと思う人もいるかもしれない。でも、学校へ通っている子供にはそんなの関係ないんですよね。初任だろうがベテランだろうが。経験の差はあるけど、「子供に寄り添…

「待つ」と「背中を押す」タイミング。難しいけど焦らずゆっくりといきたい。

前担任と色んなことを話した翌日、かかりつけの精神科を受診してきました。 病院は息子が不登校になってからすぐ(11月下旬)予約しましたが、空きがあったのは最短でこの日。これが今の現実なのだなぁと、つくづく思いました。息子が発達障害の診断を受けると…

前担任からの電話でわかった、学校教育がいつまでも変わらない原因

息子の小学校では、昨日から新学期が始まりました。でも、息子は行きません・・・行けません。 先日、年賀状のお返事をお手紙にして、これまでの経緯と今の状況を前担任へ伝えました。 shuka-diary.hatenablog.com すると数日後、前担任が電話をくれました。…